わたしの色見本・水彩

スポンサーリンク

[お絵かき][画材・手法] 2018.4.18

新しい画材で描くときは、まず「色見本」をつくります。

…すみません嘘です。つくってません。

色見本をつくること、なぜかしょんぼりします。
(30分くらいあればできるのですが)

その代わり、こんな感じでひとまず全色をあじわっています。

気づいたら2時間以上たっていて、色見本つくる方が早いです。
ただこういうのはしょんぼりしないから不思議です。

わたしは「あお」系の色を使うことが多いので、
ほかの色の良さや魅力に出会うこともあります。

色見本は
・パレットの色と、実際に紙に描いた色の違い。
・粒の大きさ、粗さ、なめらかさ。
・水を含んだときのひろがり、滲み。

などを確認するためにつくります。
水彩は、筆の水の量で濃淡がずいぶんとかわるので、色見本をつくって目安にするそうです。

私は顔彩を使うことが多いのですが、水彩の滲み方もすてきですよね。

ただ、残念なことに、私が持っているプリンターでスキャンをすると、
その淡さや滲みが、なかなか画像に写ってくれません…。
これはまだ写ってる方なのですが、色によってはほとんど写らないものもあります…。

写らないのはこのプリンターだからなのか、それとも多くの水彩画家さんの悩みなのか…。

淡いタッチの絵描きさんてどうしているのでしょう…。
知っている方がいたら、ぜひおしえてくださいね。

よく、
「人格者は表舞台に出てこない」と言われたりしますが…
(出てきてほしいです!)

「能ある鷹は爪を隠す」とも言われたりしますが…
(隠さないでほしいです!)

と、水彩に対して思ったみたりして…。

淡さや、滲み、ぜひ写ってほしいですが、
ひとまず手元で、自分の目であじわっていこうと思います。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

Poccuru(@poccuru_misato)がシェアした投稿

スポンサーリンク

コメントを残す