七夕飾りと願うことについて

[手づくり]2018.7.6


七夕の飾りつけ。
大それたものでなくていいから、
ちょっとだけでも手をうごかしてつくっています。

折り紙って不思議です。

一枚の紙でも、
折り方、切り方、ねじり方、貼り方で、

こんな風に、

色んなかたちになります。

ちいさな頃は、ひらひらの折り紙がこんな風になり、
手品や魔法かと思いました。
これを考えた昔のひとはすごいなと。

今でも、ちいさな子に折り紙でお星さまやお花をつくると、
とても喜んでくれます。

折って切ったものをひろげてもらったり、
はさみが使えるようなら一緒につくったりして。

「もういっこ、もういっこ」と言って、
帰りのかばんの中がお星さまだらけの子もいました。

七夕は「願い事」も書きます。

おとなになるにつれて、
願い事というのは
叶うものもあれば叶わないものもあることを知ります。

手品には仕掛けがあることを知ります。
魔法のようなラッキーが起こっても、
不確かな感覚で、喜びは少しの間なのかもしれません。

遠い遠いあの星は、つかめないことも知っています。

それでもわたしは、何かを思い描いたり、だれかを想ったり、
こうして、手のひらで星と遊んでいる時間が好きです。

願い事を描き、
そして自分の手で、七夕飾りをつくる時間が好きです。

庭は木だらけなもので、毎年笹かんけいなく、飾りつけています。

今年は雨風が強いため、飾りがしわくちゃになってしまいました。。

鉄琴の「たなばたさま」もご一緒してみました。
ペンタトニック7音のちいさな鉄琴ですが、たなばたさま弾けるんですよ。
(原型をとどめていない飾りはさすがに残念な感じなので、
動画はシンプルです。)

A post shared by Poccuru (@poccuru_misato) on

雲の上の天の川を想いながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。