粉雪の街

[碧い世界の貼り絵/制作過程など]

碧い世界が好きで描いて来ましたが、流石にこの季節は寒く感じて、ランプやおひさまの力を借りながら描いていました。

切って貼ってをくりかえしているので、粉雪に心動いてから、ずいぶんと日がたち、まだまだ寒いですが、山には春が来ています。

バレンタインデーの昨日は街の家々がなんだかチョコに見えてきて、雪を降らせる時は、粉砂糖ふりかけてる気持ちになりました^^

(チョコ。おいしそうにみえる。甘いの少ししか食べられないけど)

描くのに時間がかかっても、ひとつひとつの家々やこの景色に至るまでを想えば、みじかく感じます。

手作りチョコができたら後片付けもしないとなので、ちらかり放題の紙たちも、きちんと片付けます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。